私はその日眠れないほどうれしくて、宿に帰ってからも一人で飛び跳ねていたことを覚えています。




美脚!

いいですね〜♡


ただ、この本、心配なことがありました。。。

美脚思考 〜誰でも美脚になれる「考え方」がある〜





よくある、

「私にもできました。だから、あなたもできます、お手軽に♪」

キラキラ女子的なノリで

再現性が怪しいのってありますよね?



そんなのだったら、イヤだな〜、と。。。




でも、読んでいくと、はじめにに当たる部分に「夏嶋 隆」という名前が!!!

これで安心です♪



吉永さんの師匠は、故障したプロスポーツ選手を再生させる夏嶋先生なんですね〜

今までにも何度か紹介していると思いますが、「足指」がキーワードの先生です。

アスリートがお忍びで通う治療家とは夏嶋隆先生です。



夏嶋氏は、サッカー日本代表のゴン中山こと中山雅史さん、服部年宏さん、久保竜彦さんが治療を受けたので有名です。

サッカーと足、密接な関係です。



それから、ビーチバレー日本代表の田中姿子さん。

こちらは、肩を痛めたのがキッカケでした。

手と指に原因があったようです。

肩こりは手首をふるだけで9割治せる 中村守


夏嶋氏は足指で有名ですが、肩や腰の異常は末端の手足にあるとの認識でしょうか。



動作解析評論家ということですが、機械を使わずとも肉眼でもアスリートの動きがおかしいのはすぐに分かります。

久保竜彦さんの動きも遠くから見てすぐにおかしいと気づいたようです。



テーピングの技術も素晴らしいのですが、根本治療の足指からの治療がメインです。

そんな本格派の先生に師事したのが本書の著者、吉永さんです。




そして、吉永さん、バレエも習ったようです。

美容家で整体エステの南雅子先生もスッキリと伸びのある身体でバレエのことに言及しています。



表紙が与える印象という出版社の思惑の真逆の方向からイチオシです(笑)

本屋さんで平積みにされていたのを買った後、数日したら無くなっていました。

人気があるように書かれていますが、やっぱりそのようです。

ということで、足指とバレエの吉永さんの本です。




目次

1 「思考」で「美脚」になれるカラクリ
なぜ下半身太りになってしまうのか?
美脚になるには「ルール」がある
疲れない・太らない・歪まない・滞らない体と美脚は同時に手に入る!
リバウンド0(ゼロ)の世界へようこそ
誰も詳しく教えてくれない美脚のカギ
美脚は下から上へ〞と作り上げる
骨を制するものが美脚を制する
だから、「部分痩せ」は簡単!
お手本は機能美の最高峰、バレエダンサー
美脚に必要なのはインナーマッスル
インナーマッスルを感じられると食べ過ぎがなくなる
あなたも絶対、美脚になれる!


2 「美脚のルール」をインストールする
意識が動作を変え、動作が美脚を作る3カ月間、美脚になることに集中する
美脚のルール1体の状態を感覚〞で把握する
美脚のルール2足裏に疲労物質を溜め込まない
美脚のルール3足指の本来の機能を取り戻す
美脚のルール4理に適った正しい立ち方
美脚のルール5理に適った正しい歩き方
美脚のルール6上半身の体重は上半身で支える
美脚のルール7骨盤はニュートラルポジション〞にキープする
美脚のルール8肋骨の位置は骨盤の真上
美脚のルール9股関節と膝とつま先は常に外向き
万能ストレッチ「カエルつぶれた」
太ももがほっそりする「前腿ストレッチ」


3 日常生活がエクササイズになる思考法
あなたの体型は日常動作で作られている
無意識のクセに気づくことから始める
美脚を遠ざける日常の3大NG動作
日常生活は美脚エクササイズの宝庫
やがて体が自然に反応するようになる


4 自分至上最高ボディの誕生
目指すのは誰の真似でもない、自分至上〞最高のボディ
「美脚」イコール「細い脚」ではない
無理な食事制限もマッサージもいらない
美脚思考なら時間の経過が老化でなく、味方になる
意識でボディラインはコントロールできる
心が落ち込めない体〞 ってあるんです
次は、あなたがシンデレラになる!
この世で思う存分自分を表現しよう

おわりに




「美脚のルール2足裏に疲労物質を溜め込まない」にある「ゴルフボールフットケア」と万能ストレッチ「カエルつぶれた」がおススメです!

というのは、簡単だからです(笑)



他の本でもそうですが、手法がいくつもあってポーズが難しいとなると続けられるかという問題が出てきます。

出来るところから、カンタンなものから。




万能ストレッチ「カエルつぶれた」はうつ伏せになって行うものです。

楽、ですね(笑)

雀鬼と呼ばれる桜井章一さんは、仰向けになって行う「カエルの足」という腰痛を取る体操を行っています。

股関節を整えるんですね。

特に痛みは感じないメソッドです。





「ゴルフボールフットケア」は痛いです(笑)

それほどダメだったということですね。


このケアで思い出したのは、『首がきれいになる! 顎ゆるマッサージ』と『足もみ健康法』です。

痛いということは、コリがあるということ。


首がきれいになる! 顎ゆるマッサージ』のメインメソッド「顎マッサージ」で当初、ツマむと確かに痛いと感じましたが、現在は痛みがありません。

自分でも頭部の皮膚は柔らかくなったと感じています。


足もみ健康法』はやっていなかったのですが、疲労物質という言葉でも思い出しました。

頭部にコリができるのであれば、足の裏にもコリがあってもおかしくはありません。

実際、ゴルフボールフットケア、痛かったです(笑)



でも、続けていけば痛みもなくなると思ってます。

今まで少しずつでも自分の体が改善されているのが分かっているからです。



本も今振り返ってみると結構買っています。

その中で、手法はその箇所だけでなく、例えば手だったら足とか別の部分に応用が出来ないかとか、手法の後ろにある思考も考えるようになりました。



身長は計ってないけど多分伸びています。

つまり骨や椎間板ではなく骨格の歪みが改善されているからです。



自己啓発なんかで思考だとかマインドだとかで「変わったように思えるけど。。。」という話がよくあります。

でも、体の場合、物理的なものなので、努力の方向性が正しければ確実に変わるんですね。



最後の章の「この世で思う存分自分を表現しよう」ではないのですが、せっかく生まれて来たのに否定されたり諦めたりで終わるのって。。。

そう感じるんですね。

桃子さんは、「無意味な思い込みや雑念」と表現しています。



「おわりに」の中で、情熱しかなかったと言う桃子さんの文章の一部です。



 「シンデレラビューティーメソッド」の基盤となっている夏嶋先生の教えは、アスリートのために研究されていたもので、トップアスリートがお忍びで先生のもとに通っておられました。

24歳の頃、当時実家がある京都から先生がいらっしゃる静岡へ何度も足を運び、朝から晩まで見学させていただきました。

お金もなく、学びたい情熱しかなかった私に、夏嶋先生や関係者の方々には大変良くしていただき、お世話になりました。

 ある日夏島先生に、バレエの研究を通して学んだ180度開脚をする時の体の使い方を目の前でやって見せたところ、
「すごい。体の使い方をよく理解している。歪みがわかっているから痛みも分かる。バレエの先生にはそれがわからない。桃ちゃん、君の学んだ知識は財産やぞ」と褒めてくださいました。

私はその日眠れないほどうれしくて、宿に帰ってからも一人で飛び跳ねていたことを覚えています。

 その後、先生からのアドバイスによって、私は治療家からインストラクターに転身しました。今の私があるのは、先生のそのひと言があったおかげです。





美脚思考 〜誰でも美脚になれる「考え方」がある〜






関連記事
肩こりは手首をふるだけで9割治せる 中村守

首がきれいになる! 顎ゆるマッサージ 小倉左羅

便秘が治った「足もみ健康法」 近澤 愛沙



夏嶋 隆
壮快 2017年4月号 『足の指もみ』でひざ痛股関節痛が消えた!めまい夜間頻尿を即撃退7sやせた!

足ゆび力 ~つま先を使うだけで一生健康でいられる~ 石井 紘人 (著), 夏嶋 隆 (監修)